鏡を見る人

量は多くする

ウーマン

注射の期間を守る

えらの咬筋に注射をしますが、注射の作用期間は通常4か月程度。効果は個人差があるので一般的に3〜6か月程度で、エラボトックス注射は回数繰り返せば作用期間長くなります。目安は初め2年は3,4か月に1回の頻度で注射しっかりやり、それ以降年1〜2日メンテナンスでボトックス注射をしてください。そして、注射ははれなどがありますが、これは1〜2時間程度で気にならなくなります。直後でも薬の液体用積分の腫れですから大きくはれません。そして内出血は一定割合で起きますが、これが起きても小さい範囲で1^2週間で必ず吸収されます。そして当日予定があっても基本問題ない処置であるといえるのです。また、えら咬筋のボリューム減ることで小顔効果があり、フェイスラインが整って、奥歯強く噛んだらえらのところに膨らみが見てわかる人は効果的。そして、はぎしり改善やはりの改善効果もあります。ボトックス注射は筋肉内に注射していきます。これは妊娠中はできなくて、注射した場合女性で2か月、男性なら3か月の避妊必要になります。ボトックス注射は痛みがあり、痛みは針を刺す痛み、注射液が入る時の浸透圧による痛みがあります。親切なクリニックは浸透圧の痛みは小さいです。耐えられない痛みではなく安心できます。そして、えらの注射をある程度の年齢から始めるとなれば皮膚たるむことがあり、40歳超えれば皮膚が戻りにくくなってしまう危険があります。なので40歳以上の注射される人は適切な注射量を含め医師に相談してみてください。えらの注射量多すぎればほほコケることもありますそして、ほほのこけが気になっても3〜6か月程度様子を見てみれば元に戻ってきます。なので、これが心配なら注射量、打つ場所を含め医師に相談してみてください。アジア人はえら発達している傾向があり、韓国人女性は白人に比べてえらの距離長いといわれています。そしてえらが広ければ打つ範囲広くて、たくさんの量が必要になり、日本人なら少なく打たないほうがいいでしょう。少なく打ったら小顔効果しっかり出ないこともあって、そして持続期間が短くなります。また、エラボトックス片側10単位、両側20単位の少ない量で注入したらえらに変なふくらみが出て追加でボトックスる必要があったといった論文もあったりして、エラボトックスは日本人などなら、効果、副作用を考えれば少ない量でうたないほうがいいのです。一般的日本人はエラのボトックスは両側で50〜60単位程度がいいといえて、少ない量だと打たないほうがいいです。えらの咬筋発達程度が強い方持続期間長くしたければより多くの単位数打つことがあり、最大両側100単位打つこともあるのです。そしてエラボトックス処置価格はクリニックで1000〜15万円ぐらいまででさまざまであり、なるべく費用押さえて最大限効果出すにはエラボトックス単位数を事前にクリニックに確認してみることがいいでしょう。メスを一切使わないで治療していきますから、ダウンタイムなく手軽に受けられて安全性高いボツリヌストキシン製剤を使った場合副作用がありませんからおすすめ。