鏡を見る人

発達した咬筋をすっきりと

看護師

顎周りに効果を発揮

筋肉を麻痺させ、筋肉の動きを抑制する事が出来るボトックス注射が大変人気を呼んでいます。エラ部分に注入する事でエラ部分にしっかり効果を発揮しれくれ、エラ張りを小さくする事が出来るでしょう。そんなボトックスエラの施術を受ける事で顔周りを細くさせる事が出来、悩みの種を改善する事が出来るかもしれません。また、ボトックスエラの場合、効果が永遠に保たれる訳ではなく、定期的な施術が必要になります。持続期間は約半年程度になりますが、何度か施術を受ける事で持続期間も徐々に長くなっていく場合もあるでしょう。ボトックスは美容整形で使用される以前から、医療用として既に利用されていました。また、1997年には眼科麻酔の治療薬として厚生労働省で認可されており、非常に安全性の高いものになっています。現在世界中の各国で使用されており、認知度も高くなっています。ボトックスエラの施術を受ける場合、副作用が出てしまわないか気になる人もいるかもしれませんが、比較的安全性が高い施術になっているので安心です。しかし中にはまれに副作用が出てしまう場合もあるでしょう。副作用が出るかどうかは医師の技術力に掛っている部分もある為、クリニックを選びは適当ではなくしっかり行う事が大切です。エラが張っている場合、なかなかメイクで隠す事が出来ません。その為、髪の毛でごまかしたり、何とかしたいと考えている人も多くいるでしょう。そんな時に、ボトックスエラの施術を受ける事で、メスを使う事無く小顔を手に入れる事が出来ます。ただし、どんなエラ張りでも効果がある訳ではなく、筋肉が発達したエラ張りに有効ですが、元々の骨格の問題で角ばって見える様なエラ張りには効果がないので注意が必要です。なぜ筋肉が発達しエラが張っている様に見えてしまうのかというと、咬筋が大きく関わってきます。咬筋は咬む時に使用する筋肉ですが、この筋肉が発達する事でエラが張っている様に見えてしまいます。筋肉を使えば筋肉がどんどん発達していきますが、咬筋は食事を摂る際に必ず使う部分なので何もしなければ小さくなると言う事がなかなかありません。そこでボトックスエラの施術を受け、ボトックスを注入する事で、咬筋の動きを抑制し、どんどん小さくする事が出来ます。また、食事を摂る際に影響するのではと思う人もいるかもしれませんが、口周りにはその他にも筋肉がある為、特に食事を摂る際など特に問題はありません。また、注入する量によって、細かな調整をする事が出来るので、理想のラインを作る事が出来るでしょう。やはり顎が細くすっきりとした顔立ちは誰もが理想とする顔立ちです。そんな憧れの顔立ちを作る上でも大切な役割を果たしてくれるのがボトックスエラではないでしょうか。ダウンタイムも少なく、施術当日にメイクもする事が出来るので、普段通りの生活に何ら支障がありません。その為、安心して施術を受ける事が出来るでしょう。また、時間の経過と共に徐々に効果が無くなってくるので、元に戻したいと言う方でも安心して施術を受ける事が出来るでしょう。気になるエラを改善したい方は一度ドクターに相談する事をおすすめします。